お得なディズニーツアーの見つけ方

夜行バスでのツアーのデメリットは?

東京ディズニーリゾートは家族はもちろん友人同士やカップルで訪れても楽しいですよね。
東京ディズニーリゾートに行く手段としては「飛行機」「新幹線(電車)」「車」などがあると思いますが、
今回は人気のツアーの一つである「夜行バス」ツアーのメリットやデメリットについてまとめてみました。
まずデメリットの1としては、「バスの移動は疲れる」ということです。
夜行バスを利用するので、ディズニーリゾートで遊ぶ前日の夜は車内で泊まることになります。なかなか眠れなかったりして熟睡出来ず、疲れが残ってしまう可能性があります。
次にデメリットの2としては、「現地への到着が早朝になる」ということです。
夜に出発するためディズニーリゾートへ到着するのが朝6時頃になるので、開園まで時間をどこかで潰す必要があります。
でも開園と同時に遊ぶぞ!!という人にはメリットかもしれませんね。

夜行バスでのツアーのメリットは?

次はメリットについてですが、メリットの1としては「東京駅から長距離を歩く必要がない」ことです。
新幹線で東京ディズニーリゾートへ行く場合は東京駅を経由することになりますが、実は東京駅の新幹線のホームからディズニーリゾートへの最寄り駅の舞浜駅へ行くためのJR京葉線のホームがとても遠いんです。舞浜駅へ乗り換えるためには重い荷物を持ちながら10数分歩く必要があるので、これが結構しんどいです。夜行バスを利用すれば、東京ディズニーリゾートで降車できるので楽ちんです。
メリットの2は「お財布に優しい」ことです。大阪から行く場合でも平日5,000円~8,000円程で行けます。交通費を節約出来るので、ご飯や買い物を楽しむことが出来ます。
メリットとデメリットについてまとめましたが、どちらに惹かれたでしょうか?
もしメリットの方に惹かれたら、ぜひ「夜行バス」ツアーで行って思う存分満喫して下さいね。